サイト売買コラム

サイト売買で失敗しやすい人とは?サイト売買に必要な心がけを解説

【この記事のポイント】
サイトの将来ビジョンを描きつつ、目に見えないリスクを事前に確認すること!
執筆者: 和家 智也

サイト売買は、買い手にとって「購入後すぐに収益を上げられる」「初期構築のコストを削減できる」などのメリットがある一方、「運営ノウハウが上手く引き継げない」「思ったよりも収益が伸びない」といった失敗も考えられます。

今回はサイト売買で失敗しやすい人の特徴について、買い手の立場から紹介していきます。失敗しないための心がけも解説していきますので、サイト売買を検討している方は是非参考にしてください。

■ サイト売買で失敗するのはこんな人!

サイト売買で失敗するのはこんな人!
サイト売買で失敗しやすい人には共通点があります。ここでは、サイト売買で失敗しやすい買い手の特徴について解説していきます。

①将来のビジョンを描かずにサイトを購入する

サイト売買は、契約が成立して終わりではありません。買い手はサイトの購入後もウェブサイトをより価値あるものにするための営業努力や機能追加、コンテンツやシステム定期的なメンテナンスが求められます。
「どんなサイトに育てていくのか」というビジョンを描かずにサイト買収をしても、運営方針が定まらず、ユーザーが離れてしまいます。その結果、アクセス数や収益の減少を止められず、サイト売買にかかったコストを回収できない事態に陥ってしまいます。

②未経験分野のサイトを購入する

いくら魅力的なサイトに見えても、過去に自分が働いたことがある分野や、趣味の延長で深く興味のある業界でなければ、そのサイトの良さを活かすことができません。
サイト売買後もPV数や収益を維持していくためには、多くの手間や時間をかける必要があります。購入したサイトの業界のことを詳しく知らないのであれば、閲覧ユーザーが抱える問題点を解決するウェブサービスを提供できず、運営維持するのさえ困難になります。

③ネット業界を甘くみてサイトを購入した

サイト運営で得る収益に対して、「何もしなくても毎月安定した収益が入ってくる」というイメージを持っている人がいます。しかし、ウェブサイトは自動販売機ではありません。サイト運営とは、サーバー管理から始まり、収益を上げるためにコツコツと記事を投稿したり、ユーザーを惹きつけるための新サービスを考えたりと、相当な労力がかかるものです。なかにはシステムやプログラムの知識が必要になる場合もあります。
その労力を想定せずに軽い気持ちでサイトを購入すると、「サイトを運営する時間が足りない」「専門知識が必要でお手上げ」という失敗を招いてしまいます。

④表面的な数字だけでサイトの良し悪しを判断してしまった

「登録会員数が多いから」「月間売上が多いから」といった表面的な数字だけを見て、サイトの購入を判断するのもサイト売買の失敗の要因です。たとえば、月間売上が多いサイトでも、その分の仕入れや経費がかさむ事業構造であれば、手元に残る収益はほとんどありません。また、いくら会員数が多くても、リピーターやアクティブユーザーでなければその数字に意味はありません。
売上が上がれば仕入れや経費が抑えられ、手元に利益が残るような事業構造かどうか、広告費をかけなくてもリピーターだけで一定の売上が得られる仕組みか、ビジネスの本質を見極めた上でサイト売買を行わなくてはなりません。

⑤サイトの悪い点やリスクを見落としていた

どのようなサイトでも、長所・短所のどちらの側面も持ちあわせています。サイト売買を行う際に良い点ばかりに注目して、短所やリスクを見落としてしまうと、後から往々にして「こんなはずじゃなかった」ということになります。魅力的に見える案件ほど、その短所やリスクについてよく調べなくてはなりません。

⑥サイト売買の契約書を良く確認していなかった

サイト売買の取引を交わす際には、「譲渡契約書」を締結します。これはサイト売買に関する細かい取り決めや、譲渡対象物の一覧、サイト引継ぎの手順について買い手と売り手の合意内容が記載してあります。日常生活で接するような文書ではありませんが、確認をおろそかにしてしまうとサイト売買後にトラブルにつながります。
知り合いの弁護士に契約書をチェックしてもらうか、仲介のM&Aアドバイザーに不利な点が含まれていないか確認してもらうことをおすすめします。

⑦サイトの移管作業が上手くいかなかった

サイト売買の成立後、サイト引継ぎのためにサーバーやドメインの移管作業が発生する場合があります。このサイトの移管作業が上手くいかないと、サイトを購入して所有権が自分に移転しているのに、売り手に所有権を持たれたままになるということもあり得ます。また、会員や顧客のデータ、過去の取引履歴なども引継ぎできないと運営継続に支障が出てしまいます。
最近では、サイトの移管作業を行っている際にドメインの切り替えを誤ってしまい、しばらくサイトが表示されず困ったというトラブルを耳にします。トラブルが起こらないようによく調べて行うかプロに依頼することが理想的です。

サイト購入のお問い合わせはこちらから

■ 【買い手側】サイト売買で失敗しないための心がけ

【買い手側】サイト売買で失敗しないための心がけ
サイト売買で失敗しないためにはどのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。ここからは、サイト売買で失敗しないための買い手側の心がけについて解説していきます。

①購入を検討しているサイトのジャンルの相場を知る

サイト売買で契約が成立したあとに、「相場より高い金額で購入してしまった」と気が付いても取り返しがつきません。後から後悔しないためにも、サイト売買の相場価格を確認しておきましょう。
サイト売買は数十万円~数千万円まで幅広い金額で取引されます。サイトのジャンルやビジネスモデルによっても大きく変動します。サイト売買を行う際には、サイトの価値がどこにあるのか、適正な価格がいくらなのかを相場を知っておきましょう。

②信用できるサイト売買仲介業者を利用する

サイト売買は、マッチングサイトを利用して個人間・企業間で直接売買取引を行うことも可能です。しかし、相手との交渉から始まり、契約手続きの円滑さ、トラブル発生のリスク回避を考慮すると、サイト売買仲介業者を利用することをおすすめします。
最近はサイト売買の需要増加にともなって、サイト売買仲介業者も増加傾向にありますが、中には手数料目当てで強引に契約を進めるような仲介業者もあります。
サイト売買を安心して進めるために、売買金額や手数料、サポート体制が信頼できる仲介業者を選ぶようにしましょう。

③購入するサイトの短所・リスクを知る

サイト売買を検討する際には、そのサイトの短所やリスクまで確認しなければいけません。つい良い点ばかりに注目していると、実際にサイトを購入した後に「こんなことは聞いていなかった」という事態も起こるかもしれません。
サイト売買の交渉では売り手との面談の場(オンラインもあり)も設けられるため、その時にサイトのリスクについて直接売り手に確認しましょう。仲介業者のM&Aアドバイザーと相談するなどして、あらかじめリスクと質問内容を洗い出しておくことで、きちんと対策が講じられるでしょう。

④サイトの運営体制が整えられるか検討する

PV数が多く、大きな収益が上げられるサイトであっても、購入後に自分が運営体制を築けなければ、サイトの価値を維持することはできません。サイト売買の検討では、売り手が行っている日々の作業内容を自分も再現できるか検討するようにしましょう。
大きな収益が得られるサイトだけを探すのではなく、自分が得意とする分野で、用意できる運営体制に見合ったサイトを探すことも大切です。

⑤サイト購入後のビジョンを描く

サイト売買の際には、実際にサイトを購入した後のビジョンまでしっかりと描いておきましょう。「何となく利益が上げられそうなサイトだったから」というだけでは、サイトのクオリティを保ち続けることは難しいといえます。「どんなサイトを目指して、どこに重点を置いて運営していくのか」というプランを立てておくことで、サイト売買後の運営方針がクリアになります。

⑥買い手からのフォロー範囲を明確にしておく

サイト売買が成立し、実際に運営を引き継いだ際に疑問点が出てくることもあるでしょう。その際に売り手からフォローを受けられるように、きちんと取り決めを行っておくことがおすすめです。特に売り手からフォローを受けられる期限については、明確に契約書に記載しておくと、サイト売買後の不安が解消できます。

⑦サイトの移管作業の有無を確認する

サイト売買の成立後にサーバーやドメイン、コンテンツの移管作業が必要となるかについても、事前に確認しておきましょう。移管作業を外注するかどうかによっても必要なコストが変わってきます。取引の前にしっかりと確認しておくことがおすすめです。

まとめ

サイトの将来ビジョン
サイト売買には多くのメリットがある一方で、失敗してしまう人がいるのも確かです。しかしサイト売買で上手くいかなかったケースや共通点を見てみると、失敗するにはいくつか要因があることが分かります。

サイト売買で失敗しないためには、サイトの将来ビジョンを描き、あらかじめサイト運営の計画・体制を整え、目に見えないリスクを確認しておくことが大切です。しっかりと事前に準備をしておくことで、よりよいサイト売買が実現できるでしょう。

初心者向けサイト売買の記事はコチラ

執筆著者 和家智也(わけともや)

執筆者: M&Aアドバイザー 和家 智也(わけ ともや)
株式会社ゼスタス 代表取締役/早稲田M&Aパートナーズ株式会社 代表取締役
一般社団法人日本サイトM&A協会 代表理事

筑波大学第三学群基礎工学類卒業。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻修士課程修了(MBA)。2006年、サイトM&A専門仲介事業『サイトレード』を立ち上げる。2017年、第11回M&Aフォーラム賞 選考委員会特別賞を受賞。著書『M&Aエグジットで連続起業家(シリアルアントレプレナー)になる