サイト売買コラム

サイト売買の見積もりはどうやって調べる!?見積もりの取り方や注意点を解説

【この記事のポイント】
無料のサイト見積もりサービスを使ってみる!
執筆者: 和家 智也

サイトを売買するにあたって、自分のサイトの相場価格を知っておくことは大切なポイントです。まだ本気でサイトを売却するつもりはなくても、「どれくらいの売却価格がつくのか知りたい」というサイト運営者は多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事はサイト売買の見積もりの取り方や注意点について解説します。

■ サイト売買の見積もりを取るにはどうしたらいいの?

サイト売買の見積もり
サイト売買の見積もりを取るには、主に3つの方法があります。どの方法も手軽に見積もりを算出できる方法ですので、ぜひサイト売買を始める入口として参考にしてください。それでは、サイト売買の見積もりを取る方法を詳しく確認していきましょう。

①無料のサイト査定サービスを利用する

サイト売買専門のマッチングサイトや仲介業者では、無料でサイトの売却価格の見積もり査定サービスを提供している業者が多くあります。サイト売買の見積もりを取るには、そうした無料の査定サービスを利用するのがひとつの方法です。

サイトレードでは、サイトの見積もりを自動・即時に査定するサービスを提供しています。
サイトURLやジャンル、運営歴、月間売上高、営業利益などいくつかの項目を入力するだけで、サイトの見積もり額が自動査定されるサービスです。査定結果は入力いただいたメールアドレスへ自動送信されるため、見積もりを取るのに手間がかかるということもありません。

自分のサイトの現在の価値を把握しておくためにも、どうぞお気軽にご利用ください。

サイトレードの無料サイト見積もりはこちらから

②仲介業者に「お問い合わせフォーム」から連絡する

サイト売買の見積もりを取る方法として、サイト売買仲介会社のサイトにある「お問い合わせフォーム」から、直接業者へ問い合わせる方法もあります。
サイト売買を検討している方の中には、「そもそも本当に自分のサイトが売却できるのだろうか?」と不安に感じている方もいるかもしれません。サイト売買の仲介業者では専門のM&Aアドバイザーが在籍しており、そのような悩みを抱えている方の相談にも対応しています。

サイトレードでも、サイトの売却を検討している方からの問い合わせを随時受け付けています。サイト売買について疑問点や不安な点がある際は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

サイトレードへのお問い合わせはこちらから

③自分で算出してみる

サイト売買の見積もり額は自分で算出することも可能です。一般的にサイト売買の相場価格は、「サイトの月間営業利益の1年~3年分」といわれています。

たとえば、月間の営業利益が30万円のサイトであれば、およそ360万~1,080万円がサイト売買の見積もり額ということです。ただし、見積もり額に幅がある上に、運営サイトのジャンルやPV数、安定性やトレンドの有無などによって見積もりが変動するため、自分で算出する見積もり額はあまり正確であるとはいえません。

実際の相場価格に即した正しい見積もり額を算出するためには、サイト売買専門のマッチングサイトや仲介業者に査定を依頼することをおすすめします。

■ サイト売買の見積もりを取る際の注意点

サイト売買の見積もり
ここまで、サイト売買の見積もりを取るための3つの方法を紹介してきました。サイト売買の見積もりを取るにあたっては、いくつかの注意点があります。以下で詳しく確認していきましょう。

①あらかじめ運営サイトの情報・データをまとめておく

サイト売買の見積もりを取る際は、自身が運営するサイトの情報・データをまとめておくことが大切です。サイト売買の見積もりを出す際は、月間PV数や売上、利益、経費などの情報をもとに査定を行います。そのため、できるだけ正確な数字を仲介業者・M&Aアドバイザーに伝えることで、より実状に即した見積もり額をはじき出せるのです。

月間PV数、月間売上、営業利益、経費、月間PV数の伸び率、会員数などの数字は、あらかじめ正確なデータをまとめておくと良いでしょう。

②見積もり額はあくまで目安であることを理解する

サイト売買の見積もりは上記で紹介した3つの方法で算出できますが、これらはあくまで売却価格の目安であり正解や公式というものはありません。実際にサイト売買を行う際は、買い手との交渉で価格を決定していくため、当初の見積もりより高額で取引されることもあれば、安値で売却されることもあるのです。安値で売却を避けるためには、ベテランの仲介業者やM&Aアドバイザーに相談し、より高値で売るためのアドバイスを求めてみましょう。

一方、見積もりで提示された価格にこだわるあまり、せっかくのサイト売買の機会を逃してしまうといったケースも見てきました。サイト売買の見積もりで提示された価格は、「市場で取引されるおおよその相場価格」であることを心に留めておきましょう。

③運営実績のあるマッチングサイト・仲介業者に見積もりを依頼する

サイト売買の見積もりを算出する際は、多く成約実績のあるマッチングサイト・仲介業者に依頼することがおすすめです。運営年数が短いサイトや、サイト売買の成約が少ない業者に見積もりを依頼すると、実際の相場価格とかけ離れた見積もりを提示されることがあるかもしれません。これまで多くのサイト売買の案件を取り扱った経験があり、サイト売買のノウハウを持っている業者に依頼することで、売り手側も安心して見積もりの算出を依頼できるでしょう。

サイトレードは2006年から事業を始めており、これまで2,000件以上のご相談、数百件の仲介成約実績がある会社です。豊富な実績・経験を持つ専門のアドバイザーが多く在籍していますので、市場の相場に即した正確な見積もりをお伝えするようにしています。

まとめ

サイト売買の見積もり
今回は、サイト売買の見積もりを取る3つの方法を紹介してきました。その中でも、マッチングサイトが提供している無料査定は、手軽に見積もりを出せる便利なサービスです。
しかし、見積もり額で算出した価格で必ずサイトを売却できるわけではない点には注意が必要です。まずは、運営するサイトの現在の価値を把握するためにも、一度見積もりを査定してみてはいかがでしょうか。

サイトお見積りはコチラから

執筆著者 和家智也(わけともや)

執筆者: M&Aアドバイザー 和家 智也(わけ ともや)
株式会社ゼスタス 代表取締役/早稲田M&Aパートナーズ株式会社 代表取締役
一般社団法人日本サイトM&A協会 代表理事

筑波大学第三学群基礎工学類卒業。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻修士課程修了(MBA)。2006年、サイトM&A専門仲介事業『サイトレード』を立ち上げる。2017年、第11回M&Aフォーラム賞 選考委員会特別賞を受賞。著書『M&Aエグジットで連続起業家(シリアルアントレプレナー)になる